<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふじ丸韓国クルーズ

来週は、ふじ丸で韓国クルーズ。
今回は、ゲストシンガーに深川和美さん。
そして、バンドメンバーは、関西の主力リズム隊、ドラム、浅川じゅん、ベース喜多健博、ギター田村太一を従えての、4泊5日のクルーズである。
私と、深川女史は月曜から東京〜神戸とクルーズし、バンドメンバーは
水曜から、神戸で乗船し唐津〜済州島〜釜山と寄港する。
先日、深川さんのリハーサルも終え、船内の他のイベントの準備に追われています。
しっかり仕事して、韓国は上陸出来るので、楽しんできます。
d0118021_1122276.jpg

by akey01 | 2009-04-26 01:12 | 公演告知

ハモンドポーターB

ハモンド話2:
気が向いたら、オークションで出品したり、落札したり。あっちこっち見ています。
そしたらなんと、
ハモンドポーターB←クリックがオークションに出ていた〜〜
へ〜所有していた人がいるんだ!ちょっと感激!!
そうそう、、これこれ、、懐かしい〜
もちろん、これは以前私が、持っていた物ではないが、まさに同じ機種!


今日現在で、100越えの人が、入札している。う〜ん欲しいけど、
置く場所が無い@@
あ〜欲しいな、、現在20万で入札中、、もっと上がるだろうな〜

関係ないけれど、最近オークションで落札した
ちょ〜かわいい、ピアノ椅子。

d0118021_0422132.jpg
d0118021_71046.jpg

by akey01 | 2009-04-13 00:34 | 音楽

Hammond

ギターに続いて楽器シリーズ2
私が、自分で初めて手にした鍵盤楽器は、コロンビアエレピアンEC61
今で言う、ナンチャテ ローズ(有名なエレピの代名詞みたいな名楽器)
の様な61鍵しかないエレピ。その家庭用のエレピを改造し、持ち運べる様にしていた。
ただ、今な様なデジタル方式は当然まだなくて、ちゃんとピアノアクションで金属のリード
の様な物を打鍵して発音していた。

それから、虜になったのが、ハモンドオルガン、、
ある日、友人がハモンドの教室(確か梅田の芝田町??)に行くと言うので付いて行くと、
そこには、見た事のないオルガンの数々が並んでいた。
そして、自分もそこで、初めてハモンドに触れレッスンを受ける事に。。
大体、人に習うのが、大の苦手だった自分が、初めて月謝を払い、レッスンを受けた。
当初は、女性の先生だったが、、直ぐに、ジャズオルガンの名手、酒井 潮先生の
レッスンを受ける事になる。
大変お世話になった先生なのだが、数年後に、生活苦の為、月謝が払えなくなり
何もご挨拶とお礼を言わないまま、退会してしまった。(当時の同期に、今は世界に羽ばたくオルガニストのKANKAWA氏もいた。)
今でもそれが、心のどこかに引っかけっている。もし、お会いできる機会があれば、是非ともそのときの不義理をお詫びしたいと思っている。

つい最近、ちょっとしたきっかけで
再びこのハモンドに心動かれている。
それから、昔ハモンドに触れていた時の様々な事が、昨日の様に思い出され、
久しぶりにハモンドに触れたくなって来た。

当時、苦労して手にした楽器が、ACETONEと言う楽器メーカーが発売した、
GT-7というオルガン
バイトで稼いだお金と親に借金をし、購入した。たしか50万円近くした様な気がする。
このオルガンには、専用アンプの代名詞の様なレスリースピーカーという、
タンスの様なスピーカーを必要とする。スピーカーが中でまわって、いわゆるドップラー効果と言う物を発生させるユニークなスピーカー。
しかし、学生だった私には、それを買う余裕はなく、当時YAMAHAから発売していた
ローターリースピーカーっというものを購入した。

d0118021_23221756.jpg

このGT7は、とにかく、ハモンドと同じ様に、ドローバーと言う独特のバーを引いたり押したり
して、倍音を合成して音を出す。当時最もハモンドに近いコンボオルガンだった様に記憶する。
しかも、このACETONE社は、今や世界のトップメーカーになった、ローランド社の創始者
梯郁太郎氏が設立、このGT-7の開発も氏が行なったと、昨年ローランド社へお招きを受け
お会いした時に初めて知り感激した。

本物のハモンドオルガンには、その独特の トーンホイルジェネーレーターという独特の発振方法から、出る音が魅了だが、これ又、当時とても手の届く物ではなかった。
特にその、代表的な楽器B-3はその風貌、音色と言い他の追従を許さない、
王者の風格。本当にあこがれだった。多分当時でも、150万としてたかな〜??
もちろん当時は真空管が使用されていた。
その後、様々のオルガンを手にしたが、多分3台ぐらいは持っていたが、すべてトランジスター
(って懐かしい響き)で作られた電子式のオルガンだった。

しかし、やはり、音色は本物のトーンホイル式にはかなわない。
なんとしても、手に入れたかった私は、偶然にも,そのオルガンの王者B-3
をコンパクトにした、HammondPortaBと言うオルガンに出会った。
しかし、これも恐らく60万円くらいだったか、、コンパクトといっても相当な重量があった。
知り合いから譲り受けだったので、何とか、分割払いにして頂き、(たしか月5万円ずつ返済;;)
レスリー122と共に手に入れた。これが、レスリースピーカー
d0118021_0193261.jpg

当時このオルガンは日本に10数台しか入ってなかったと聞いていた貴重な物だった。
写真をネットで探しました。
d0118021_0201562.jpg

手に入れた時はとにかく嬉しくて、毎日毎日練習していました。。
が!ある時、ハモンドのレッスンを不義理をしてやめてから、転機が訪れました。

当時、シンセサイザーが日本でも発売されだし、興味がそちらに向いてしまったのです。
シンセサイザーの事を語ると、また、長くなるので又の機会にしますが、
とにかく、あの当時、世界の音楽は新しいテクノロジーで、日々変化し、様々な個性的な電子、電気楽器
が開発、発売され、演奏で稼いだお金は、ほとんど、楽器に費やす日々が続いた記憶が有る。
そして、この我がハモンド達は段々と、部屋の居場所を無くして行くのである。
続きは、、また後日に、、
by akey01 | 2009-04-06 00:59 | 音楽

プライベートスタジオ

年に一度は、大きく部屋の模様替えをします。
っと言っても限られたスペース。いかに機材を使いやすく美しくレイアウトするかが問題です。
最近新しい機材やパソコンも増えたし、
実は、見えない所にかなりの量のケーブルが配線されているし、
電源を如何に効率よく安全にとるかも、良く考えないと行けません。
家庭の電源は、結構不安定ですし、乱れています。
例えば、家電製品をつかったら、プチってノイズが入ったり
する事もあり、色々と考えなければなりません。
明日から、色々とチェックテストをして、この春からは、制作に力を入れていきま〜す!
d0118021_2373913.jpg

by akey01 | 2009-04-01 02:39 | リポート